withwork公式note

ワーキングペアレンツのための転職サービス「withwork」の公式noteです。子育てしながら働くみなさんが、これからの働き方について考えるきっかけになるようなコンテンツを発信中📖 #キャリアとライフはトレードオフじゃない

イベントレポート

すべて見る
  • 7本

DAY3:アーリーステージの成長加速とDE&I推進における展望〜withworkweek@国際女性デー カンファレンスレポート〜

はじめに5日間のカンファレンスに際して 2022年3月7日~11日の5日間にわたってオンライン形式で開催されたDE&I推進カンファレンス「withworkweek @国際女性デー #キャリアとライフはトレードオフじゃない」。10のテーマで行ったセッションにおける3日目の3月9日の朝に開催されたセッション内容をレポート形式でお届けします。 ・アーリーステージだからこそ大事にしているDE&I視点とは何か ・組織に多様性を取り入れていく上で留意したいこと ・ワーキングペアレンツ

スキ
7

DAY2:企業ドメインとDE&I〜withworkweek@国際女性デー カンファレンスレポート〜

はじめに5日間のカンファレンスに際して 2022年3月7日~11日の5日間にわたってオンライン形式で開催されたDE&I推進カンファレンス「withworkweek @国際女性デー #キャリアとライフはトレードオフじゃない」。10のテーマで行ったセッションにおける2日目の3月8日の夜に開催されたセッション内容をレポート形式でお届けします。 ・企業ドメインとDE&Iの関連性 ・事業成長を目指す上で多様性をどう捉えているか ・現場課題と展望 etc. 「企業ドメインとDE&I

スキ
5

DAY2:ジェンダー/年齢のバイアス〜withworkweek@国際女性デー カンファレンスレポート〜

はじめに5日間のカンファレンスに際して 2022年3月7日~11日の5日間にわたってオンライン開催されたDE&I推進カンファレンス「withworkweek @国際女性デー #キャリアとライフはトレードオフじゃない」。10のテーマで行ったセッションにおける2日目の3月8日のお昼に開催されたセッション内容をレポート形式でお届けします。 ・組織におけるジェンダーや年齢のバイアスについて ・女性管理職を増やすには何が必要か ・各社の具体的取り組み etc. 「ジェンダー/年齢

スキ
14

男性育休って本当に必要? 〜現役パパ・ママが考える「安心して子育てできる社会」「仕事と育児の共存」とは〜

2022年(令和4年)4月1日から段階的な育児休業法改正がスタートします。「産後パパ育休」と呼ばれる新たな男性育休制度も追加となり、パパも育児に参加しやすい環境が整いつつあります。 産後パパ育休に関して、少し前回の投稿で触れていますのでご参考になれば幸いです。 育児休業法改正も視野に入れ、ファーストアセントでも育児中のママ・パパに役立つサービスをさらにブラッシュアップしてお届けする予定です。 またこの法改正施行に先立ち、男性育休に関しての議論の場を提供できないかと考え、

スキ
13

withwork転職ストーリー

withworkを通じて新たな一歩を踏み出したユーザーさんのインタビューをお届けします。

すべて見る
  • 9本

「私には”仕事”がある」ー出産・育児で失いかけた自信を取り戻した、育休明け転職

ワーキングペアレンツのための転職サービス「withwork(@with_yourwork)」です! 今回ご紹介するのは、人々が集う「場」をつくり、「いい時間」を提供するコンテンツを企画、編集、制作、販売する株式会社ほぼ日に、withworkを通じてご転職された西本さん。 海外マーケティングや外資系企業でグローバルにキャリアを築いていた西本さんですが、第2子育休明けに働く環境の変化にぶつかります。これまでは外資系エージェントを介して転職活動をされてきましたが、ビジネスパー

スキ
27

「今が、一番楽しい」ー転職における固定概念を捨て、Wovn Technologiesで見つけた新しい働き方

ワーキングペアレンツのための転職サービス「withwork(@with_yourwork)」です! 今回ご紹介するのは、withworkを通じてWebサイトやアプリの多言語化・翻訳の課題に答えるソリューション『WOVN.io』『WOVN.app』を開発・運営するWovn Technologies株式会社にご転職された猶本さん。 金融IT業界でエンジニアとして24時間体制のハードワークをこなされていた猶本さんですが、子育てをきっかけに働き方を見直し、同業他社へ転職するも状況

スキ
28

「自分は市場価値がないとさえ思った」ーIT業界未経験からスタートアップへの転職、”本当にフィットする”仕事を見つけるまで

ワーキングペアレンツ向けの転職サービス「withwork(@with_yourwork)」です! 今回は、withworkを利用し「働く人」から企業の魅力を伝える広報・PR支援サービス talentbookを運営する株式会社PRTableへ転職した赤司さんにお話を伺ってきました! コロナ禍で考えた 「これからの働き方」 ーーご無沙汰しております。本日はよろしくお願いします!まずは赤司さんが転職を考えられたきっかけやwithworkにご登録いただいた経緯について教えてくださ

スキ
14

「“家族“に寄り添うサービスづくりを」新たなチャレンジのための育休明けフルタイム転職

ワーキングペアレンツのための転職サービス「withwork(@with_yourwork)」です! 今回は、withworkを利用し作りたい!が見つかるレシピ動画アプリ『DELISH KITCHEN』を運営する株式会社エブリーにご転職された田島さんにお話を伺ってきました! ワーキングペアレンツには 「新しいチャレンジ」は難しい? ーー田島さん、本日はよろしくお願いします!まずは田島さんが転職を考えられたきっかけやwithworkにご登録いただいた経緯について教えてください

スキ
13

withworkだより

「withworkユーザーさんに向けた "保育園のおたより" や “学級通信”」 私たちの活動や発信をまとめておけるペライチです。noteでは一般の方に公開している情報を、LINEではご登録いただいているユーザーさま限定の情報も+αで発信しています。

すべて見る
  • 3本

4月のwithworkだより

ワーキングペアレンツのための転職サービス「withwork」です。 明日からはGW、みなさんはどう過ごされますか? withworkを運営するXTalentには5月から新たに2名のメンバーも加わる予定✨ 2日、6日は通常稼働していますので、GW中に「転職活動したいな〜」と思ったら、ぜひご登録を! 💌 withworkだよりとは withworkだよりのテーマは「withworkユーザーさんに向けた "保育園のおたより" もしくは "学級新聞"」 1ヶ月の私たちの活動

スキ
5

3月のwithworkだより

ワーキングペアレンツのための転職サービス「withwork」です。 卒園・卒業式も終わり、新生活の雰囲気が漂い始めましたね!4月から新しい環境へ飛び込む人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか? さて、先月から突如始まった『withworkだより』ですが、テーマは 「withworkユーザーさんに向けた "保育園のおたより" 」 私たちの活動や発信をまとめておけるペライチです。noteでは一般の方に公開している情報を、LINEではご登録いただいているユーザーさま限

スキ
3

2月のwithworkだより

ワーキングペアレンツのための転職サービス「withwork」です。 2月ももう終わりが近づき、花粉症の人は鼻がムズムズしだしたのではないでしょうか?筆者は先日「メグスリノキ」という怪しいけどめちゃくちゃ目の痒みに効きそうなお茶を購入し、花粉症に備えました。皆さんのおすすめの花粉症対策はなんですか? withworkだより、始めます🕊 そんなこんなで、突如始まった『withworkだより』ですが、こんな社内での会話から生まれました。 「withworkユーザーさんに向け

スキ
7

withworkユーザーなみなさん

withworkで転職活動された方のnoteをまとめています。#withwork のハッシュタグをつけていただくと追加されます📘

すべて見る
  • 7本

時短ママがフルタイム復帰を模索して出会ったスタートアップという働き方

1)はじめにはじめまして。株式会社hokanのバックオフィス担当の小川はるかと申します。同時に、2児の母(1才、4才)でもあります。 大企業から、赤ん坊を抱えて社員20数名のスタートアップ、株式会社hokanに転職し、早くも三か月が経とうとしています。 自分のことを語るのはあまり得意ではないのですが、「フルタイムで働いてみようかなと考えているワーママ」や、私の今回の転職先である「株式会社hokanに転職を考えてるワーママや女性」に向けて、何かの参考になればと思い、なぜ自分

スキ
59

なぜスタートアップバックオフィスの採用が早期に必要なのか。SBOの採用課題×ペルソナのまとめ。

InsurTechスタートアップのhokanでバックオフィスSBOをしているともこ(@sbo_tomoko)です。 スタートアップバックオフィスのコミュニティ、SBO勉強会を運営しています。 2019年4月に書いた記事について、最近また多くの方に読んでいただく機会があったので、今はどう思っているのか改めて書いておきたいなと思います。 当記事は、バックオフィスが不在であるだろう主に起業時から社員数30名あたりまでの規模のスタートアップを想定しています。バックオフィス採用に悩

スキ
53

子持ちの転職活動は思った以上にモチベーションの維持がむずかしい。アラサー会社員の転職日記

こんにちは、3歳1歳の子持ちアラサーです。最近転職活動を細々とやっております。子持ちの転職活動、時間管理とモチベーションの維持がめちゃくちゃ難しいので、私なりの対策ををここに記しておきます。 子持ちの転職、マジで時間がない問題仕事が終わったらダッシュでお迎え。子持ちならあるあるな風景です。ここに転職活動を絡めると、「え、転職エージェントいつ行くの?いつ連絡とるの?」ということに。 当たり前だけど、仕事終わりにエージェントと連絡を取ったり、履歴書を書いたりということができな

スキ
27

育休中にコロナ禍がやってきたけどなんとか転職できた話

0歳の子供がいる女性が、正社員で転職するのって可能なんだろうか? この1年間、出産前からずっと仕事のことを心配していた。その理由は、会社の経済的な事情で「もうフルタイムで雇えません」宣言をされてしまったからだ。しかも妊娠中、絶対安静で家に引きこもっていた時期にその連絡がきた。あーよくないことが重なるってこうゆうことか、とその時は絶望した。 その後上司とも話し、産休育休はなんとか取れることになったが、育休が明けたらすぐに転職する必要が出てきた。春にコロナで延期となっていた息

スキ
364

XTalentの人々

ママパパ向けの転職支援サービス「withwork」を運営するXTalent株式会社のマガジンです!

すべて見る
  • 22本

「”本質的”な人材紹介がやりたい」ーー天職を極めるために選んだ、withwork【XTalent社員インタビューvol.1_金城英真里】

ワーキングペアレンツのための転職サービス『withwork』を運営するXTalent株式会社です! 今回は社員インタビュー第1号として、2021年10月に弊社へジョインした金城さんにお話を伺いました。「人材紹介は私の天職」と、現在はこの仕事を心から楽しみながら取り組んでいる金城さんですが、そこに至るまでの経緯やXTalentでやりたい「”本質的な”人材紹介」について熱く語っていただきました。 ーーーーー Why “XTalent”? ーーーーー 人材紹介の“本質”を追い

スキ
27

リモートワーク(だけ)ではジェンダー平等は実現できない ーー withwork week@国際女性デーのお知らせ

こんにちは、XTalentの上原です。 最初にお伝えしてしまいますが、今回は告知のためのnoteです! はじめに、イベント告知から 国際女性デーにあわせ、「#キャリアとライフはトレードオフじゃない」というコンセプトで、上記のイベントを開催します。 1週間、毎日1回以上開催するという、もはや狂気じみたスケジュールなのですが、素晴らしい企業の経営陣の皆様が今回ご賛同をいただきました。 タイムテーブルもご紹介しますので、ご都合つく日でぜひご参加ください。 そして、このイベント実

スキ
39

女性の3人に1人が育休中に転職を検討。その裏側にある、「時短で給与大幅ダウン」問題について

こんにちは、ワーキングペアレンツのための転職サービスwithworkを運営する、XTalentの上原です。引き続き在宅勤務によって、運動不足です。最近ジムの契約をしましたがオミクロンの流行を言い訳に一瞬で死に会員と化しました。 育休中の女性の転職背景は「給与が低いから」本日、こちらのプレスリリースを弊社にて出しました。 ワーキングペアレンツx育児休業という切り口の調査はまだ世に少ないのではと思います。この4月から育児・介護休業法の改正も控えておりますので、ぜひご覧ください

スキ
83

産科トピックスと妊孕性・キャリアの話 〜皇居ラン&ブレスト思考メモ〜

1. 「不妊治療の保険適用が43歳未満」ということへの産科的懸念 産科医師、助産師視点では少し複雑だよねっていう話です。夫婦にとって選択できる期間のリミットが長くなるという点ではポジティブでもある。でも、キャリア構築観点では「30代でビジネス上の" 何者かである自分 "を構築しないといけないのではないか?」という社会暗黙的なプレッシャーのために出産を後伸ばしにしてしまう、そもそもその議題自体を仕事漬けの日々の中で夫婦間でほぼ話したことがなかった、そんな方々に私自身も助産師時

スキ
30